50歳の転職でとるべき戦略

 50歳の転職は、それまでの年代とは違った戦略でのぞむ必要があります。年齢が高いというだけで求人に応募することすら不可能なこともあります。転職で自分なりの希望や条件を持つことは重要ですが、あまり高望みをしていては条件に合う求人を見つける事すらできなくなってしまいます。

 

 50歳では自分の希望条件よりも合格可能性を優先して求人情報をチェックしていかないと、いつまでたっても採用を勝ち取ることは不可能です。 あなたが非常に有用な人材で企業がぜひとも雇用したいと思えるような能力を持っていれば話は別ですが、ほとんどの人はそうではないはずです。

 

 不景気が長期化する中、中高年の転職市場は企業側有利の圧倒的な買い手市場です。少々条件に妥協してでも、まずは採用を第一に考えて求人情報に目を通してください。

 

 採用を第一に考えることは言っても、全く未経験の業種に転職するにはためらわれるものです。そんな時は、過去の仕事の経験を活かせるような転職先を探してみるのも有効な方法です。

 

  例えば、ホテルのサービス部門で働いていた経験があるのなら培ったサービススキルを飲食店のサービスにも応用が可能かもしれませんし、バイヤーの経験があれば取り扱っていた商品に関する知識を生かして働くことも可能なはずです。

 

 仕事で得た経験を活かす方法は一つだけではありません。経験をうまく応用できる仕事を見つけることができれば、転職先候補となる職場は増えていきます。過去の職種にこだわらず、自分の経験を中心に転職先を探してみてください。

 

 

 

おすすめサイトのご紹介
http://xn--401-x83bt42nxmajdw63r.net/top
40代の仕事探しの秘訣公開!