転職したいと考えた時、自分が今まで仕事の中で得てきたスキルで勝負できる、そう思ってはいても、やはり資格を持っていると転職に有利になるのででは?と不安になってしまうことがあります。

 

面接官は資格の有無は気にしているのか?

 

 転職活動中は履歴書に自分が持っている資格を書き込むかと思いますが、仕事に関わる資格は実用性もありますし応用の利くものであれば重視しますが、全く関係のない資格であれば、あまり気にしません。

 

 変に資格を書きすぎてしまっても、単なる資格マニアという印象しか残りませんので、沢山お持ちの方は、関係のありそうな資格のみ書いてみるとよいでしょう。

 

今から転職に有利になる資格は?

 

 現在、多少は景気もよくなってきていますので、これから伸びる資格は、建設・建設関係の資格、TI関係の資格などです。

 

 建築関係はオリンピック関係で建設建築関係が伸びると予測されていますし、ITは今からの世の中には欠かせない物になっていますので、持っていると即戦力として優遇される場合があります。在職期間に取得できる物は取得しておいて損はないでしょう。

 

 転職する方のなかには、前職、もしくは在職している仕事と同じ職種に就く方も多いと思いますが、転職を見据えているなら、まずは情報収集をしておき、その業界が今何を必要としているのかなどを、リサーチし、資格を取得しておくと転職に役立ちます。