履歴書は基本データ、スキルや経験は職務経歴書

 

 新卒採用の場合と転職の場合で、有る無しが変わる書類の代表が「職務経歴書」です。これは履歴書とどう違うかといいますと、履歴書の方は「とりあえず大いに問題になるようなことはしていません」という説明と、連絡先・年齢など、ごく基本的なことを伝えるための書類であり、どちらかと言うと「名簿用のデータ」を記載する書類です。新卒採用の場合はこれ一枚か、PR用の別紙をつけるというところでしょう。

 

 一方、「職務経歴書」はまさに「どんな仕事をしてきて、どんな経験とスキルが有るか」を伝えるための書類です。およそ転職の書類審査・面接において、合否を決めるのはこちらの書類と言っても間違いではないでしょう。もちろん、履歴書の時点で致命的な問題がなければですが。

 

職務経歴書は同じ内容で良いのか?

 

 職務経歴書というのは過去の歴史ですので、原則として記載する事項が変わったりはしません。もちろん、増えていくことは有りますが、それはその転職が成功してからの話でしょう。では、職務経歴書は、1パターンをしっかり書いて使い回せば良いのでしょうか?結論から言えばこれはやめておいたほうが無難です。

 

 そもそも、実務に関する全経験をすべて記載していたらいくら紙面があっても足りませんし、読む側も投げ出します。ですから、ある程度簡易な記載にする部分と詳細に記述するべき部分がわかれますが、この詳細に記述するべき部分というのも、転職希望先の企業によって変えるべきです。

 

 職務経歴書は言ってしまえばスキル・経験をアピールするための書類です。であるならば、事実はそのまま記載するにしても、どの経験やスキルをクローズアップして伝えるのかの工夫を、相手ごとにするべきです。