よく言われることですが、転職は断然、年齢が若い方が有利です。20代や30代の方の転職は比較的にうまく運ぶことがあっても、40代以上になってくると思うように転職ができないということが多々あります。

 

 転職先の企業としては、やはり年配の方よりも若い方を採用したいという気持ちがあるということは否めません。年齢が上がれば上がるほど伸びしろは少なくなり、また経験がある分頭も固くなってしまっていると採用する側は考えるのです。そんな理由があるために、まずは「転職は若い方が有利だ」ということを一人一人がしっかりと認識している必要があります。

 

 ですが、それならば年齢が上の人たちは転職をすることが絶対に不可能かということですが、必ずしもそうとは限りません。現に40歳から上の世代の方でも、きちんと転職を成功させている方というのも多く存在します。

 

 転職というのは企業に自分をアピールする行為ととらえていただければわかりやすいかもしれません。そして、転職の際、採用を決めるのは感情のない機械ではなく人間だということもしっかりと認識しておくべきです。

 

 例えば相手が機械ならば40歳というラインを設け、それ以上はバッサリと切り捨てられてしまいます。ですが相手が人間であれば、そういったことは一切ありません。転職を考えている40代以上の方は、そこに付け入る隙が存在するのです。

 

 ですので、まずはきちんと自分をアピールすることが重要になってきます。若い世代よりも自分が優れているポイントはなにか?そういった「自分にしかできないこと」を自分自身がきちんと把握し、それを武器に面接に挑むことで、年齢というハンディキャップを克服し、転職を成功させることができるのです。