30代以上でも積極的に人材を募集しているのが外資系企業です。語学力が求められることもある一方で、海外拠点の豊富な人材募集があるのも外資系の魅力であると言えます。グローバルな人材としてのキャリアを求めるならば、外すことはできない選択肢になるでしょう。

 

 外資系企業に転職するためには、かなり独自のノウハウが必要になってきます。職務経歴書の書き方をひとつとっても、日本の一般的な方法とはかなり異なっており、応募書類は全て英語で提出しなければならないところも多いです。面接でのアピール方法もやはり外資系の企業風土に合わせたものが求められるため、初めてチャレンジする方にとってはかなりハードルが高いものになる可能性があります。

 

(お役立ち情報)
35歳 転職
35歳の転職は最適な時期

 

 こういったときは、やはり外資系企業を専門に扱っている転職エージェントなどを利用したいところです。ヘッドハンティングばかりというイメージのある外資系企業ですが、日本の企業と同じように通常の募集がほとんどを占めています。こうした求人情報を得ながら、外資系企業での働き方や待遇などについてもレクチャーを受けることができるため、転職エージェントの利用はしておいたほうがいいでしょう。

 

 もし語学力に不安がある方であっても、日本の支社での業務には英語が必須ではない部署の募集も少なからず存在します。日本の企業にはない社風の会社で働いてみたいが、語学力に自信がないという方にも外資系企業で働く道はあります。もし興味があるなら、物怖じすることなくエージェントに登録するなどして調べてみましょう。