転職活動の際に自己分析をして、自分自身の長所を自分で見つける作業をするのは当たり前であるが、なかなか自分自身では分かりにくいです。従って、自分という商品を売り込むためには他の人の客観的な意見を受け入れる必要があります。転職活動をしている最中でも、仕事に就いていた人は上司や同僚や取引先の人などにお褒めの言葉を言われた経験は誰にでもあるはずです。

 

 完全に褒められた言葉でなくても構わないので、褒められた言葉の中で自分の長所と結びつく部分があるはずです。つまり、褒められた言葉をしっかりと思い出して、褒められた言葉の中から自分自身を再び分析を行って、応募先の会社に対してアピールとして結びつける事が転職活動の成功の鍵です。

 

[関連情報]
中高年 求人
中高年の求人を探している方必見!

 

 例えば、働いていた会社の上司から、仕事に対して地味に取り組む事を言われた場合に地味に仕事をしているという部分を評価されています。一方で、いつも明るく振りまいている事を評価されているケースもあります。自分の捉え方として、職場の雰囲気が良いムードメーカーとしての存在感であったり、仕事を頼みやすいという雰囲気をかもし出している場合と捉えられて、応募先の企業にとっては評価するべき存在です。

 

 上司や同僚などから言われたことで、アピールにつながる言葉を思い出して、言葉の見え隠れしている所をしっかりと吟味していけば、転職活動に活路が見つけ出せる可能性が高いのです。特にアピールポイントが見つからない場合は、仕事ぶりを上司に聞いてみるのもひとつの方法です。